1この製品のカテゴリー

設備が静止する(静態、往復運動なし)と運作する(動態、往復運動あり)時に、Uパッキンはピストン棒上のシールとの密封性をキープして、その棒の直径d公差はピストンシールにより決定される。